読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュアルカメラに強力手ブレ補正、iPhone7/7 Plusの動画性能を試す 写真

デュアルカメラに強力手ブレ補正、iPhone7/7 Plusの動画性能を試す 写真:Impress Watch ■今度のiPhoneはカメラが面白い  9月7日、AppleiPhoneの新モデル、iPhone 7とiPhone 7 Plusを発表した。各キャリアからは9月16日から発売になっているが、人気商品ゆえに新色は品薄が続いているようである。 グッチiPhone7ケース 【この記事に関する別の画像を見る】  かねてからの噂通り、サイズはこれまでのiPhone 6シリーズとほぼ同じで、ディスプレイは7は4.7型、Plusは5.5型となった。カメラ的な注目ポイントは、Plusのほうだろう。 ルイヴィトンiphone7ケース広角と望遠の2つのカメラを横並びで搭載した。  これまでも2つのカメラを搭載したスマートフォンはあった。 シャネルiphone7ケースかつて3Dブームの頃は、同性能のカメラを2つ搭載して3D撮影ができるものもあったが、2014年にはHTC J butterfly「HTL23」が性能の違うカメラを2つ搭載。奥行き情報を付加して後からボケを付けたり、立体写真っぽく演算処理をするといった機能を実現した。 グッチiPhone7ケースまた今年6月には、HUAWEIがカラーとモノクロのセンサーを搭載した「P9」を発売したのは記憶に新しいところだ。  加えて今回のiPhone 7 Plusの登場で、「大型スマートフォンのツインカメラ」というのは、今後トレンド化するかもしれないわけである。 エルメス iphone7ケースまだ7への乗り換えを躊躇している人、7にするか7Plusにするか迷っている人も多いと思うが、今回は動画関係の性能を中心に色々テストしてみたい。 ■ユニークなスペック  カラーやデザインなどについては、すでに多くの記事で触れられているところなので、細かいところはそちらを見ていただくとして、AV的なポイントだけ押えておこう。 シャネルiphone7ケースまずディスプレイ解像度だが、4.7型の7は1,334×750ドットで326ppi、コントラスト比1,400:1。7Plusのほうが1,920×1,080ドットで401ppi、コントラスト比1,300:1となっている。 シャネルiphone6ケース  スペック的には6sから変わっていないが、今回のディスプレイは色域が従来のsRGB、Rec.709だけでなくDCI-P3にも対応した。これはデジタルシネマ映写の色空間として標準化されたもので、カラーフィルムの色域に近い。 ルイヴィトンiphone7ケースHDTVの標準化時に策定されたRec.709よりも、赤と緑方向に色域が広くなっている。  実は9.7型iPad Proのディスプレイは、すでにDCI-P3対応だった。 エルメス iphone7ケースMacでは「21.5型iMac Retina 4K」と「27型iMac Retina 5K」のディスプレイも対応している。これらはデジタルシネマ制作の現場で作業モニタとして使われる可能性もあるので、ある意味当然の対応だったわけだが、iPhoneのような小型ディスプレイでの対応は珍しい。 マイケルコースiphone7ケースカバー激安もちろん、正確な性能を発揮させるにはDCI-P3対応の映像データを表示させる必要があるが、sRGBの写真やRec.709の映像でも、色味が濃く見えるはずである。  すでに多くのメディアで語られているところではあるが、今回の7シリーズではアナログのイヤフォン端子がなくなった。 エルメスiphoneケースそのため、Lightning端子に直結できるイヤフォン「EarPods」が付属する。アナログイヤフォンを使用する場合は、付属の「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使ってアナログ接続することになる。 ルイヴィトンiphone7ケースもちろん普通のBluetoothイヤフォン/ヘッドフォンも使えるが、iPhone 7と同時に発表された左右セパレート型のイヤフォン「AirPods」は10月下旬発売で、残念ながら執筆時点では入手できなかった。  イヤフォンジャックが無くなった分だけ、スピーカーが充実することとなった。 ルイヴィトンiphone7ケース今回のiPhone 7は、小型の4.7型でもステレオスピーカーを内蔵している。これも後で試してみよう。 ルイヴィトンiphone7ケース  iOSオペレーションのポイントであるホームボタンは、これまでのような物理スイッチを排し、圧力検知型のボタンとなった。iPhone 4ぐらいからのユーザーにはご存じだろうが、昔のホームボタンは長年使っていると反応が悪くなり、修理が必要になったりしたものだ。 シャネルiphone7ケースそのためなるべくホームボタンを使わないオペレーションを身につけたりしたものだが、今回からはもうそんな気遣いは無用である。すでにAndroidは物理ボタンを廃止して長いわけだが、ようやくiPhoneもそれに追いついたことになる。 ルイヴィトンiphone7ケース  ホームボタンは、Touth ID(指紋)センサーの搭載やこれまでのオペレーションスタイルを継承するためか、見た目としては物理ボタンがあるのと同じである。実際に凹んだりしない代わりに、ボタンが押されたと検知すると、コツンという反応が返ってくる。 シャネルiphone7ケースこの反応の大きさは3段階で選択できる。  このタイプの反応は、すでにMacBookのトラックパッドや、「Magic Trackpad 2」といった製品にも採用されており、Macユーザーにはお馴染みである。 ルイヴィトンiphone7ケースただiPhoneに搭載されたのは初なので、ボディ全体からコツンというクリックが返ってくることに違和感を感じる人もいるだろう。  また新しいホームボタンやイヤフォンジャック廃止に伴う恩恵として、本体がIP67等級の防沫、耐水性、防塵性能を持つ事になった。 シャネルiphone7ケース防水機能を持つAndroid端末の利用者なら、日常的にキッチンでレシピを見たり、お風呂の中で動画を見たりという利用はあったと思うが、iPhoneユーザーもいよいよその仲間入りを果たすことになる。  さて共通点が多い7と7Plusだが、ディスプレイサイズ以外の大きな違いは、カメラである。 シャネルiphone7ケース7が12メガピクセル、F1.8のシングルカメラであるのに対し、7 Plusは7と同じカメラに加え、横に焦点距離が2倍となるF2.8のカメラを備えた。どちらも12Mピクセルである。 シャネルiphone6ケースAppleのサイトには「2倍光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム」とあるが、そのあたりを動画でテストしてみる。 ■動画でよくわかる2カメラの動き  では早速撮影である。 エルメス iphone7ケースiPhone 7 Plus搭載カメラの焦点距離は、広角側が35mm換算で28mm、望遠側が2倍の56mmとされている。静止画と動画での画角を確認してみよう。 ルイヴィトンiphone7ケース  画角の広さで言えば、静止画が一番広いのは当然として、動画では一段画角が狭くなるのは残念なところだ。動画撮影では4K/30p、1080/60p、1080/30p、720/30pの撮影ができるが、4Kと1080/30pの比較では、4Kのほうが若干画角が広い。 イヴサンローランiphone7ケース全画素読みだしの都合で、HDよりも4K動画のほうが画角が狭くなるデジタルカメラは多数存在するが、逆にちょっと広くなるカメラは珍しい。 拡大するアップルの市場支配力 経済産業省も懸念 日本でさらに販売拡大を狙うアップルに対して規制当局も警戒している。 グッチiPhone7ケースiPhoneは仕入れ価格が高く、利益率が低いぶん販売奨励金という名目で利益の補てんがなされている。このことが一因となって、販売奨励金の原資となる通信料が高止まりしている。 ルイヴィトンiphone7ケース  9月に発売となったアップルの新機種「Apple Watch Series 2」と「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」では、日本向け対応が大幅に強化された。iOS向けの新作ゲーム「SUPER MARIO RUN」やApple Watchの「Pokemon GO」への対応、iPhone 7/7 Plusが日本でニーズの高いIP67の耐水・防塵仕様になるなど、日本をターゲットとした戦略が色濃く表れるかたちとなった。 シャネルiphone7ケース中でも、特にユーザーを驚かせたのはiOS製品へのFeliCa搭載、そして日本でのApple Payの提供開始だ。非接触のモバイル決済サービスであるApple Payは、リーダーとの通信にNFC-A/B方式を採用しており、この方式のリーダーが普及していない日本では提供が難しいとされてきた。 ルイヴィトンiphone7ケースしかしながらアップルは今回、Apple Watch Series 2、iPhone 7/7 Plusにおいて、日本向けモデル限定仕様としてFeliCaを搭載しSuicaによる交通決済やQUICPay、iDを用いたクレジット決済に対応。Apple Payの導入を推し進めてきた。 ルイヴィトンiphone7ケース  日本でのiPhoneのシェアは従来より諸外国に比べて高く、既に過半数を獲得しているが、おサイフケータイ機能のためのみに別の端末を持つ「2台持ち」のユーザーも今回のApple Payの使い勝手次第では一本化もあり得る。日本でさらに販売拡大を狙うアップルに対して規制当局も警戒している。 iPhone7ケースiPhoneは仕入れ価格が高く、利益率が低いぶん販売奨励金という名目で利益の補てんがなされている。このことが一因となって、販売奨励金の原資となる通信料が高止まりしている。 シャネルiphoneケース